読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書感想文 覚悟のススメ

覚悟のススメ』(かくごのススメ)は、山口貴由による日本漫画。またそれを原作としたメディアミックス作品。

核戦争環境汚染によって荒廃した近未来の東京を舞台に、旧日本軍で編み出された最強の格闘技「零式防衛術」、人体実験の犠牲となった英霊の宿る鎧、強化外骨格「零」を武器に人々を守るために戦う主人公「葉隠覚悟」と、人類を襲う怪物「戦術鬼」とその背後で人類を滅亡させんと企む覚悟の兄「現人鬼・散」との戦いを描く。

wikipediaより引用

連載期間は1994~1996。

 

その作品を今更、つい先日読み切りました。

 

トーリーを要約すると「大災害後の荒廃した地球を舞台に、超人ヒーローになる為にスパルタ教育された兄弟の兄がグレてお父さん殺して地球の自然の為に人類を滅ぼそうとするのでそれを弟が止める話で、主人公は零という戦闘スーツを身にまとい、男性器を武器にする怪人や、全身女性器だから打撃を無効化する怪人、全裸の黒人男性等と臓物巻き散らしながら闘ったりしてピンチになるけど最後は精神論で解決していく」漫画。簡単に言うと怪作ですね。

 

全11巻とさほど多くない巻数の漫画ですが、色々と濃い漫画であり、読み切った時の感想は混沌としたものでした。1巻は絵が下手だなぁとか、4・5巻辺りから既に絵柄がシグルイっぽさ出てきてるなとか、乳房が化け物になってたりチンコが化け物になったり臓物飛び交いまくっててかつそれがギャグじみてるのは世紀末のエログロナンセンス全盛期だからかなぁとか、グロさと児童向けコミックみたいな大ゴマの使い方がシュールだなぁとか、巻末のアシスタントコーナーに毎回オナニーとかちんことか書かれてんなとか、世紀末辺りの漫画っていつも核と自然破壊問題にしてんなとか、漠然と色々と思いました。

で、最終的に抱いた感想が「山口貴由の言語センスってすごいな」です。

前置きが長くなりましたが、今回は山口貴由の言語センスがいかにぶっ飛んでてかつ的確で凄いかという話がしたいがための文章です。

以下、すげぇ!と感じた点を並べていきます。

 

①体言止めと「!」の多用によるインパクトと読みやすさ

状況説明の台詞の殆どが「前方より異形接近!距離17m!」「命中確立200%!」などで力強く宣言される為、まどろっこしさが無く、また独自の世界観の確立に貢献しています。技名も全部「因果!」「螺旋!」「零式超旋回!」みたいな感じで使用者がしっかり宣言します。良マナー。

ヒロインや観戦者が「前から~が来てるわ!」「あの技は〇〇!!」とか言っている凡百な台詞回しが行われていたらテンポが悪くなり、覚悟のススメは設定と絵だけヘンテコな「奇をてらおうとした凡作」になっていたように思えます。主人公から敵からナレーションまで全て力強く「守る!くじけない心」「いざ往かん 新東京番外地」とか暑苦しくサブタイトルみたいな文章が並ぶ、統率感のあるカオスがこの作品を奇作怪作にして歴史に一応名を遺す作品にまで昇華している気がします。

 

ラスボスである兄、散(はらら)様が倒れて行った炎系の仲間の力を受け取った際に「これで私はファイヤー散(はらら)!」とか力強く宣言したコマではその語呂の良さがスッと頭に入ってきた後、ノッリノリのラスボスに大いに笑いました。

 

主人公及びそのサポート役である死した軍人の英霊3000(この設定も狂ってるし主人公と大量の髑髏がどのように戦闘すべきか相談し合うし最終的にお互いを思いやり支え合う戦友になっていく様はシュールの一言)が軍人風の言動をする為この体言止めが多用されるのですが、その英霊が成仏させられた時に零!零!と呼びかけた末に「90キロの鋼応答無し!」「心を繋いだ超鋼応答無し!」などその軍人風文章が出てきたときは、軍人風な無骨な文章を詩的なまでに昇華している!すげぇ!ってなりました。

「当方に人間の尊厳有り!」 とかも格好良いですね。

 

 

②狂ったルビ付け

例を挙げていくと「お美体(からだ)」「お美超鋼(はがね)」「SM(あそび)じゃないのよ」「反抗(ロック)してやる」「謙愛(ボランティア)してあげたい!」「無修正(ぴろりろ)」「肉装甲(ぬいぐるみ)」

 変型パターンでは「救星主」などなど、平常の読み方と国語の義務教育を受けていたら出てこないセンスのルビ付けが常時行われています。内容だけ見ると、人外の敵と殺伐と単身殴り合いし続ける覚悟のススメはその狂ったルビ付けが笑いどころとして機能し、殺伐さが中和され、世紀末ギャグエログロヒーローバトル漫画とでもいうべき怪作として完成されています。

 

 

③台詞回しの語感の良さ

ふたばやSNSでの返信(オタク文化)などで用いられる「何だか知らんが とにかくよし!」

 

f:id:dokuiro:20170509004019j:plain

覚悟のススメ内で最も有名なコマですが、これは主人公が燃え盛る炎属性の敵を前に服を脱ぎ全裸になったのを観戦しているラスボスである兄、散様が褒めているシーンです)

はその語感の良さと勢いの良さが好まれインターネットで多数使用されるようになって行きました。上記の画像は8割以上の人が「散様」を知らずに使っていると思われますが、作品や設定を知らなくても面白いと感じれる「語感」「勢い」という単純な言語的パワーを持っている訳です。

汎用性の低さなどから上記のような認知度があるコマは他にありませんが、このような語感の良い台詞は作中大量にあります。「たかが雑草!」「死後硬直望むところ!」辺りが個人的に好き。

 

何だか知らんがとにかくよし!以外にも、「覚悟のススメ」以降、山口貴由の後作である「シグルイ」は2chで「シグルイ風に語るスレ」シリーズができたり、山口貴由が現在連載している「衛府の七忍」ではTwitterなどで「誤チェスト」がぶっとんだ造語として、そしてその語感の良さから面白がられ話題になったりと、今まで数々のぶっ飛んだキャラクターや設定を作っているにも関わらずその台詞・コマを中心に語られてきている時点で、山口貴由は類稀なる言語センスを持っていることは客観的にも、インターネッツの歴史的にも証明されているのではないでしょうか。

 

 

 また、インターネッツの歴史的に証明されている理論でいくとバキシリーズ辺りも言語センスが秀でている作品に当てはまりますが、俺は大真面目にバキシリーズも言語センスが尖って秀でてる作品だと思ってます。全選手入場のシーンなんかは絵面的には誰やねんこいつらってのばっか出てくるパッとしないシーンですしコマ割も滅茶苦茶窮屈なんですが、実況のあの解説の言語センスの良さが故にあれほど有名なシーンになっている訳です。

あと三浦建太郎ベルセルクなんかも良いですね。ドラゴン殺しの「それはまさに鉄塊であった」のポエムは滅茶苦茶格好良くてあれを読んだ全オタクが興奮したでしょうし、あの世界観で「エンジョイ&エキサイティング」を言わせるセンスは時代劇的世界観で「誤チェスト」と言わせる山口貴由と似ている点があると思ってます。

 

 

 

以上、山口貴由べた褒め文章でした。

以前から「シグルイ大好きだし今連載してる衛府の七忍も最高に面白いんだけど、なんか面白い理由が言語化しづらいな」といった悩みを抱えてたのですが、覚悟のススメ読んだら自分の中でこれらの作品のどこがすごいのか納得できたので消化する為文章にしました。4巻辺りまで絵ガタガタだし設定もブレてるけど、この時代から言語センスが尖りまくってたんだこの人、ってなりました。

もうちょっと細かい話をすると四隅に「覚 悟 完 了」って置くシリーズの配置のセンスや、それ以外でも大文字の使い方の大胆さとかも言いたくはあるんですがデザイン面は自信ないのといっぱい著作権法を無視してコマをアップロードしないと説明し難いのであきらめました。

 

あと、最新作の「衛府の七忍」はますます狂って尖っている言語センスに磨きがかかっていて、誤チェスト以外にも最新の造語・スラングと時代劇言語が混ざった超独特の台詞回しが面白すぎるのでお勧めです。髷結った侍や浪人その他ならずもの達が「参りやした!テヘペロでやんす!」とか「牛曳形とかマジ有り得ねぇからな!」とか「伊織は武士の子…心はけして逃げぬ。心は逃げぬが…身体がくそびびりまくっておるのじゃ」とか言ってる絵面は強烈で台詞だけで笑えます。

GP静岡の日記

Magic the gatharingというTCG(たかい紙切れをならべるごっこあそびのこと)の大会へ出てきた日記です。おともだちと7人くらいで行きました。Diary noteとかいう化石を使い続けるMtgプレイヤー達への反旗としてはてなブログにMtgのこと書くオタクになります。

 

3/17(金)、昼から受付開始のサイドイベ、モダマスシールドに参加する為朝7時に起きて新幹線に乗り静岡へ、駅から会場までタクシーで11:30頃につくと丁度受け付け待ちの列が並び始めててダッシュして並ぶと秒で300人くらいになってビビった。約40分ほど並んだ末受付を終えて7000円をサクって剥いたモダマス6パックは最高額レアが死の影(wisdomguild調べ最安756円)でした。ともだちはタルモfoilを引いてたり魂洞foilを引いたりしてて本戦開始前から0-2悟りの境地へ至った気分。f:id:dokuiro:20170320131250j:plain

虚無マスターズ開封結果。モダマスは塩セットなので剥き損。

 

モダマスシールドは3色がデフォで3色タッチ1色までは余裕って感じなのと、どの色もサイズは小さすぎて3/3までが限界って感じで、サイズ4/4以上なら割と無理して入れとくと強い感じでした。プールは白いカードが多いのと、苦悶のねじれ2枚、未練ある魂やモロイがあったのでエスパーカラーは確定でサイズが足りなく感じたのでt緑で構築。5/5/4のゴルガリの腐れワームくんを能力無視してタッチまでして入れたけど強かった。あと全体的にサイズが小さいせいで盤面がクソ硬直するのと、2/2/1cip4点ゲインとか3/3/3cip3点ゲインとかライフゲインカードが多すぎるせいでゲームが長引いてLOしかけたりLOする試合もあった。飛行はうんちつよい。

ドラフトだと2マナで3/3トークン出す番狼コモンガメたりしてアグロ戦略もできそうだけどシールドだとクソマナフラクソ盤面硬直ゲーで、飛行の他にドロスぺや起動型能力を持つマナフラ受けカードも強かったなぁ。すぐ盤面が硬直&マナフラ多発であんまりゲームが楽しくなかったのと勝っても霊気紛争2パックしかもらえない虚無イベントだったので2-1でドロップして小汚いオカマ(関東在住セレズニアオタク)と遊んだりして夕方くらいに宿へ。

 

宿では1泊4000円なのに1500円の温泉のタダ券が貰える神仕様だったので温泉満喫したり無限サウナしたり宿に戻ったら布団ひいてサイドの相談したり。

友人のRくんが残業終わってから宿に24時頃に来て突如迷走してデッキ改造しはじめたときはああこいつ初日で死んだなと思ったりしながら寝ました。(案の定3-4ドロップしてました)

 

 

そろそろ日記モードから調整記録的な話に。今回4Cサヒーリを握るまでに至った経緯やリストの話を。

破滅の刻pptqを開幕一発抜けしたので、1月末~2月末までスタンから離れてて、2月末辺りからちょいちょいスタンの大会結果やメタ情報見て静岡何握ろっかな~~って考えたりしたり、4cや機体を軽くMOで回したりBMIQに出たりしたけど、禁止改定のせいでなかなかスタンの練習をする気が起きずデッキが決まらない状態のまま3/14に。

 

禁止改定後、結局ノーチェンジで自分の中で候補は機体か4cの二択でした。

他のデッキでいうと霊気池は注目度低いからメタられてはないだろうけどマリガン地獄を味わいたくないしGPをパチンコで終えたくなく、ティムール塔は各デッキとの相性は理論上丸いらしいけど機体や4cのようなドブンが無いデッキパワーの低さや受け手に回るリスクの高さが嫌。赤黒エルドラは生まれたてでまだ本当に強いのか判明してないのと土地絡みの事故が多そう、BGはサヒーリがいる限りデッキじゃないので結局環境を2分してると言われる4cと機体の二択に。

最終的に4cを握る決め手になったのはキランを1枚も持ってないこと(照)と、機体ミラーがサイドボードプランもゲーム中のプレイも難易度が高いから。4cミラーは結局マウント取ったらそのまま勝てるけれど、2~4tのギデオンを巡るマウントの取り合いの末にアヴァシンや無許可で盤面がひっくり返る機体ミラーはケアしないといけないものも、コンバットの判断も、リソースの確保も難しく、上手い機体相手に勝てる気がしなかった。

禁止改定からGPまでの4日間はほぼ家から出ずひたすらMOで4cを回し続ける日々。明らかに練習は不足してるけど友人のKくんとも意見交換しながらできたのが捗った。

 

以下リスト

 

f:id:dokuiro:20170320131815j:plain

最終的にこのリストのサイドを解放3にして払拭2にしたリストで出場。

 

サイドプランは同系に対してはコンボ全抜き→森林とソブリンでビートプラン(in森林2ソブリン2否認2権限2トラッカー1解放1 outコンボ8ニッサオース2)

機体に対してはコンボ2ずつ抜き、マストである分解と否認でキランやギデオンをなんとかした後にトラッカーやならずもの、チャンドラ辺りでリソース差をつけて物量で勝つプラン(in解放3否認2トラッカー1ソブリン2 outコンボ4ニッサオース2チャンドラ1ならずもの1)

それ以外は割とふんわりサイド。

GP終えての結論から言うとメイントラッカーはクソ強かったし最高でメインに関しては文句なし。サイドは森林くんより逆毛ハイドラの方が同系に対してもティムール塔に対しても良かったっぽいのと、バラルの巧技なくてもBGには勝てるのでいらなかったっぽい感じでした。

 

練習不足感は否めず、初日結果は6-3になって「う~~ん初日抜けだけどドロップ!PTQ出るか静岡観光するか!」ってなってそうだなぁとか思いながら初日会場へ。

 

で、初日の結果は

2bye

3ラウンド 機体1-2

4ラウンド BG2-0

5ラウンド 機体2-1

6ラウンド 機体0-2

7ラウンド 機体2-0

8ラウンド 機体2-0

9ラウンド 機体2-1

 

GP機体。7本中6本機体と当たる機体の海におぼれながら7-2。

GP東京(スタン)では2byeからの6-3で萎えドロップからのディズニー、GP京都(チームシールド)では6-3で2日目行ってパックからラストホープリリアナが出たことに歓喜するも即没と初日は抜けてるけど…な結果しか出せてなかったので7-2は自己ベスト更新でうれしかった。一緒の友人はだいたいしょにぽんしてた。

落とした試合は、初戦時はまだサイドプランがふわふわしてた故の明確なサイドミス(放浪する森林を好きすぎて機体相手に入れて無許可されて死ぬ)(そりゃそうなる)(それ以降二度とサイドインすることはなかった)と、0-2したときのメインで相手がサリア出しますっつって条件反射でハイっつったらソプタートークンがタップインして出るようになって結果的にそこの飛行打点通したことでプレイが制限され死亡。プレイを速くする美徳に憧れて脳死で返事しがちな癖は改善しようと思った。

そして7-2した以上は勝つぞと思いながら2日目へ

 

2日目

10ラウンド 機体1-2

11ラウンド 機体2-0

12ラウンド BG2-0

13ラウンド 4C2-1

14ラウンド 機体2-1

15ラウンド 4C2-0

 

初戦負けからの5連勝で12-3、マネーフィニッシュ250ドル&プロポイント3点^^。自己ベスト記録更新&初マネーフィニッシュ。GPマネーフィニッシュって正直おとぎ話だと思ってました。最終順位は2719人中57位。

2日目初戦の機体相手のプレイングミスはとてもとてもヒドいもので、メインで自分の場にチャンドラ(忠誠度6)、マナクリ3体フェリダー2体、相手ハンド空、場に白黒ミシュランとたかりや1体墓地にたかりや1体、自ライフ7、相手ライフ8で何故か殴り切れると判断して殴ったら殴り切れなかったし返しで自分が死んだという意味不明なコンバットをして終了。チャンドラ+してターンエンドっつってたら大体奥義で勝ってた。一生記憶に残るガイジプレイとして初戦から試合中に躁鬱みたいなテンションになるし無事戒められてマッチを落とす。はぁ~~~これで7-3かぁtop8は無しかぁまぁあんなプレミする奴はそんなモンだよと思うけど次の試合までには切り替えれて2-0で終われてそっから調子上げれた。

 

振り返ると13マッチやっての総マリガン数が3回、半分以上は先手、1マッチに2回以上マナフラやマナスクリューに見舞われない、と事故しなかったことが今回のスコアに結びついたなぁと思ってる。あと2回くらい4tサヒーリコンボやトップご都合サヒーリコンボ決めたし運もあった感じはある。ティム塔踏まなかったり、BG2回踏めてbye貰えたものおいしかった。

プレミがなかったら落とした3マッチ全部落としてなかったかもしれなくて、逆にプレミしたなぁって記憶に残ってる試合は全部しっかり戒められて落としてるので、運があったにも関わらず自分のプレミで3敗したなぁという思いはあるし、無限に精進して無限にプレミを減らしていきたい。逆に言うとプレミした3マッチ以外は記憶に残るプレミは無い訳でそこはpptq行脚などで地力が養われたのを感じる。Mtgたのしい。

 

とりあえず当分は「ワイGPマネーフィニッシュしたんで^^」でマウンティングしていきます。

 

以上だらだらと書きました。今期スタンはイベントだいたいクリアして、アモンケット後のPPTQになるまで暇なのでしばらくはGPT神戸にバントエルドラージ握って突撃

男性洋式便器小便問題における画期的解決法の提案

「型」。武道であれ、芸道であれ、スポーツであれ、礼儀作法であれ、人の動きは繰り返されるうちにその目的の為に最適化された姿勢を取るようになる。洗練された「型」は見るものを感嘆させ、時にそれだけで芸術になる。

 

高尚なイメージがある言葉だが、我々の日常にも「型」は存在している。改札機にICOCAを当てる際の動き、ブラウザを立ち上げてからアダルトサイトを開くまでのマウスの動き、といった行為も最適化され日々の中で「型」となって行く。そして、そう、今回の主題である「男性が洋式便器で小便をする際」にも型はある。そしてそれは、2つの型…流派に分かれているのだ。

 

続きを読む